ペット&動物の資格・求人・通信講座

近年のペットブームにより、ペットや動物に関する資格や仕事が増えています。「大好きなペット・動物に携わる仕事がしたい!」という人も少なくないでしょう。

『ペット&動物の資格・求人・通信講座』では、ペットや動物の資格や仕事、通信講座や求人を紹介します。トリマーになるには、ドッグトレーナーになる方法、ドッグシッターや動物看護士、動物介護士が学べる通信講座をご紹介します。

ペットや動物の仕事がしたい方は、きっと動物が好きなはず。しかし動物が好きなだけでは、ペット・動物の仕事には就けません。

ペットや動物の仕事にはどんなものがあり、どんな資格が必要で、どんな方法で職に就けばいいのかを学ばなければなりません。

当サイトではペット・動物関係の資格や通信講座、求人情報をご紹介します。ペット・動物関係の仕事をしたい方のお役に立てれば幸いです。

ヒューマンの通信講座 『ペット』
・ペット専門通信資格「日本ケンネルカレッジ」


ペット販売士になる方法

ペット販売士になる方法

平成18年に動物愛護管理法の一部が改正される法律が交付されました。

その結果、ペット取扱業者はペットを販売する際に、お客さんに飼育方法やしつけ方などを説明する義務が生じるようになりました。

そこで注目されているのが、ペット販売士の資格です。

ペット販売士とはペットを販売する際に、顧客に的確なアドバイスをする能力を認定する職業です。ペットの販売業には欠かせない資格で、ペット販売士になるには動物の飼育や医療に関して幅広い知識が要求されます。

そこで今回はペット販売士になる方法を解説します。


 ペット販売士になる方法


通信講座でペット販売士の学習
     ↓
ペット販売士の資格を取得
     ↓
ペットショップなどに就職

ペット販売士は一般社団法人日本ペット技能検定協会が認定する資格で、ペットの販売時に顧客に適切な助言や指導を行うのが仕事です。

ペット販売士になるにはペットのしつけやお手入れの方法、健康管理、適切なフードやグッズの選択など、幅広い専門知識が必要です。

ペットビジネスの分野では欠かせない職業なので、ペット販売士の資格を持っていると、ペット業界への就職や転職が有利になります。

ペット販売士の資格を取る方法としては専門学校もありますが、通信講座なら安い受講料で自宅にいながら資格を取得することも可能です。

ペットビジネスの最前線で活躍できる資格なので、ペットショップやペットグッズの販売店で働きたい人におすすめの資格と言えます。


 ペット販売士の就職先


・ペットショップ      ・ネットショップ
・ペットグッズメーカー  ・ペットフードメーカー
・ドッグカフェ       ・猫カフェ
・ペットライター      ・ペットコンサルタント

ペット販売士はペットビジネスの専門家なので、ペットショップやネットショップ、ペットグッズ・フードメーカーが主な就職先になります。

中には自らペットショップを開業する人もいます。

近年はドッグカフェや猫カフェの経営を行う人もいます。お店の経営にはビジネスの知識が必要なので、ペット販売士には最適です。

他にもペットビジネスの知識を活かし、ペット雑誌のライターやペットイベントの企画、ペットコンサルタントとして活躍する必要もいます。


 ペット販売士の資格を取る方法


ペット販売士になるには

ペット販売士は国家資格ではなく、民間資格です。そのため就業に資格の取得は義務づけられておらず、資格がなくても仕事はできます。

ただビジネスではお客さんの信用が大事です。無資格ではお客さんから信用してもらえないので、就職や転職は困難です。

プロのペット販売士を目指すなら資格は取っておきましょう。

ペット販売士の資格は一般社団法人日本ペット技能検定協会が認定しています。資格検定の主な内容は以下の通りとなっています。

・受験資格:協会認定のカリキュラムを修了した人
・試験内容:生体管理、看護、衛生、流通、法規など
・試験期日:随時
・試験場所:在宅
・ライセンス交付料:12,000円


 通信講座でペット販売士資格を取得


現在のところ、ペット販売士を養成する専門学校は数が少ないです。そのためペット販売士になる方法として通信講座が一般的です。

ペット販売士の通信講座ではペットの生態や飼育管理、病気や健康の他、開店実務や店舗設計、仕入れなどのペットビジネスを学びます。

講座を修了すると、ペット販売士の資格が与えられます。

通信講座の場合は最終の添削課題に合格すれば資格がもらえるので、検定試験を受ける必要はありません。また在宅で資格が取れます。

ペット販売士の資格を取得すると、ペット販売の専門知識の所有者であることが認定され、ペットショップはじめペットホテルやペットグッズ販売店など、ペット業界への就職や転職が有利になります。

実務を積んで独立し、ペットショップを開業することもできるし、ペット飼育アドバイザーやブリーダーの仕事に就く人もいるようです。

大手の通信講座では求人の案内など就職や転職支援もあるし、独立開業サポートも行っています。これらを利用するといいですね。


 ペット販売士を目指す


ペット販売士になるには「ペットの専門知識」と「ペットビジネスの専門知識」の2分野のアプローチが必要です。そのため結構大変な職業です。

しかしそれだけに資格を持っていると仕事の幅は広がります。

お客さんと関わることの多い職業なのでやりがいがありますし、ビジネスの知識を活かして独立して活動することも可能です。

そのためペットショップやペットグッズ販売店で働きたい人だけでなく、就職せずに自分の力で仕事がしたい、ペットショップなどペット関連のお店を持ちたい、という人にペット販売士の資格はおすすめです。

インターネットの普及でペットビジネスのあり方も大きく変わりつつあるので、ペット販売士のニーズは今後さらに高まると予想されます。


 ペット販売士資格が取れる通信講座



ドッグブリーダーとは?

ドッグブリーダーとは

今やペット業界の市場は、1兆5,000億円に達すると言われています。

その巨大市場を支えているのが、ブリーダーです。ブリーダーとは動物を交配してペットを繁殖させる職業です。

ブリーダーなくしてペット業界は成立しません。

ブリーダーと一口に言ってもその種類は様々で、犬や猫に限らずウサギやハムスター、金魚や昆虫など、あらゆるペットにブリーダーはいます。

中でも犬を繁殖させるドッグブリーダーは人気の高い職業です。犬が好きだからドッグブリーダーになりたい! という人も少なくないでしょう。

そこで今回はドッグブリーダーとはどんな仕事なのかを解説します。


 ドッグブリーダーとは?


ドッグブリーダーとは犬を繁殖させて販売する職業です。

もちろん誰でもドッグブリーダーになれるわけではありません。

ドッグブリーダーはペットの命に関わる職業なので、犬の生態や習性、病気や健康管理、しつけや飼い方など、幅広い知識と技術が必要です。

またビジネスとしてドッグブリーダー業を行うには保健所に動物取扱業の届け出が必要です。そして動物取扱業の許可を受けるには、

・ペット業界で6ヶ月以上の実務経験がある
・ペット関連の学校を卒業している
・ペット関連の資格を持っている

などの要件を1つ以上満たす必要があります。

ドッグブリーダーになる方法として、専門学校や通信講座があります。

大手の通信講座なら動物取扱業の登録サポートも行っているので、ドッグブリーダーになりたい人はこのような講座を受講するといいですね。


 個人が多いドッグブリーダー業


ドッグブリーダーの大半が、企業ではなく個人です。

子犬の出産には手間やコストがかかるため、大きな利益が求められる企業が参入しにくい分野なのです。

逆に個人で小規模の繁殖を行えば、デメリットやリスクを抑えることができます。そのためドッグブリーダーの多くは個人で活動しています。

言い換えればドッグブリーダー業は一人でできる仕事なのです。

また近年はインターネットを活用して販売することもできるので、個人のドッグブリーダーが活躍しやすい環境が整っています。


 ドッグブリーダーの種類


ドッグブリーダーの資格と通信講座

ドッグブリーダーの中には本業にしている人もいれば、副業・サイドビジネスにしている人、趣味の範囲内でペットの繁殖を行う人など様々です。

自分のスタイルに合わせて活動できるのも、ブリーダーの魅力です。

またドッグブリーダーは一人でできる仕事だし、大規模な設備投資も不要です。そのため個人が参入しやすいビジネスと言えます。


 ドッグブリーダーに資格は必要?


現在ペット業界には「ドッグブリーダー」や「ペット繁殖指導員」などのブリーダー資格が幾つか存在します。

ただこれらは全て国家資格ではなく民間資格です。そのためブリーダー資格がなくてもドッグブリーダーになることは可能です。

といっても専門性の高い職業なので学習は必要です。勉強をするついでに資格は取っておいた方がいいでしょう。資格があると就職や転職に有利だし、仕事をする上でも相手に信頼してもらいやすくなります。

やはりこういう業界だと無資格では相手に不信感を抱かれます。信用が大事な業界なので、勉強のついでに資格を取っておいてください。

またブリーダー資格とは別に、個人でブリーダー業を行うには動物取扱業の届け出が必要です。役所できちんと手続きを行ってください。


 ドッグブリーダー養成講座


ドッグブリーダーは犬の命に関わる責任ある職業です。そのためドッグブリーダーになるには、正しい知識と技術を身につけなければなりません。

ドッグブリーダー養成講座としては、専門学校やスクールの他、近年は通信講座や通信教育でもしっかりとした学習ができます。

中でもヒューマンアカデミーや日本ケンネルカレッジのペット通信講座は、カリキュラムもサポート体制も充実しており、人気が高いです。

講座では自宅で専門的な勉強ができてドッグブリーダー資格が取れるだけでなく、就職や転職・独立開業サポートまで行っています。

動物取扱業の登録サポートまで行ってくれるので、プロのドッグブリーダーになりたい人にとってはありがたいですね。

講座を選ぶ際には無料の資料請求で幾つか資料を取り寄せ、受講期間や内容、費用を比較し、自分に合った講座を選んでください。


 ドッグブリーダー資格が取れる通信講座


ヒューマンの通信講座 『ペット』

・ペット専門通信資格「日本ケンネルカレッジ」