ペット&動物の資格・求人・通信講座

近年のペットブームにより、ペットや動物に関する資格や仕事が増えています。「大好きなペット・動物に携わる仕事がしたい!」という人も少なくないでしょう。

『ペット&動物の資格・求人・通信講座』では、ペットや動物の資格や仕事、通信講座や求人を紹介します。トリマーになるには、ドッグトレーナーになる方法、ドッグシッターや動物看護士、動物介護士が学べる通信講座をご紹介します。

ペットや動物の仕事がしたい方は、きっと動物が好きなはず。しかし動物が好きなだけでは、ペット・動物の仕事には就けません。

ペットや動物の仕事にはどんなものがあり、どんな資格が必要で、どんな方法で職に就けばいいのかを学ばなければなりません。

当サイトではペット・動物関係の資格や通信講座、求人情報をご紹介します。ペット・動物関係の仕事をしたい方のお役に立てれば幸いです。

ヒューマンの通信講座 『ペット』
・ペット専門通信資格「日本ケンネルカレッジ」


ペットビジネスの仕事と資格

ペットビジネスの仕事と資格

現代のペットビジネスは1兆円規模の巨大市場です。犬や猫、動物が好きな方なら、ペットに関わる仕事がしたいという人も多いと思います。

しかしペットが好きなだけでは、ペット業界で働くことはできません。

ペットビジネスは生き物を扱うだけに責任重大です。専門的な知識が必要になりますし、資格が求められることも少なくありません。

ペットの仕事にはどんな種類があり、どんな知識や資格が必要なのか、また現在のペットビジネスの状況についても知っておく必要があります。

ここではペットビジネスの仕事と資格について解説します。


 様々なペットビジネス


ペットビジネスと一口に言っても、様々な種類があります。大きく分ければペットと直接関わる仕事と、間接的に関わる仕事の2つがあります。

主なペットビジネスの仕事を以下に紹介しておきます。


 ペットと直接関わる仕事

・トリマー   ・ブリーダー   ・動物看護士   ・動物介護士
・獣医師    ・ペットシッター ・ペットショップ   など

 ペットと間接的に関わる仕事

・ペット用品の開発や販売   ・ペットフードの開発や販売
・動物系グッズの製作や販売  ・ペット保険  など

現代のペットビジネスは販売や医療、しつけ・訓練のみならず、保険の分野まで多岐に渡ります。当然、求められる知識や技能も異なります。

そのため資格や能力が足りなくて一つの道がダメでも、別の道でペットや動物に関わることは十分に可能です。だから簡単に諦めないでください。

まずはペットビジネスにはどんな種類があるのか、情報を集めることが大切です。そして自分がどんな仕事をしたいのかを明確にしてください。


 ペットビジネスの知識や技術を習得


ペットビジネスの資格

ペットと関わる仕事で一番大切なことは、「ペットが大好き」という気持ちです。しかし動物に対する愛情だけがあっても、仕事はできません。

動物の命に関わる仕事でもあるので、十分な知識や技術が不可欠です。

幸いペット関連の資格は獣医師を除いて全て民間資格です。通信講座を受講して勉強するだけで、比較的簡単に資格を取ることができます。

ペットの資格を持っていれば就職でも有利になるし、職種によっては資格がないと雇ってもらえないということも珍しくありません。

ペットの勉強をするついでに資格を取っておくといいですね。


 ペットビジネス資格が取れる通信講座


 ヒューマンアカデミー


テレビCMでおなじみの大手の教育機関。知名度・実績が抜群で、専門性の高い講座がたくさんあります。もちろんペット関連講座も豊富です。

講座ではプロから直接指導を受けられる実技研修もあり、現場で役立つプロの技術を学べます。また講座を修了すれば資格が取得できる他、就職や独立支援のサービスやペットビジネスの相談や支援も行ってます。

大手ならではの充実したバックアップ体制なので、プロを目指したい方、既にプロとして活躍している方には心強いです。自宅で飼う愛犬・愛猫のために学びたい人にもおすすめです。






 日本ケンネルカレッジ


日本ケンネルカレッジは、つくば国際ペット専門学校の通信講座です。

トリマーやブリーダー、トレーナー、動物看護士などが学習でき、「マスター」「エキスパート」「ベーシック」など多彩なコースがあります。

資格が取得できる他、希望者には実技研修も行っています。就職・転職・開業サポートや、動物取扱責任者の取得サポートもあります。

難度によって3つのコースがあるので、ペット業界で働きたい方だけでなく、自宅でペットを飼う飼い主さんにもおすすめの講座です。


キャットシッターの資格検定

キャットシッターの資格検定

飼い主が出張や旅行でペットの世話ができない時、飼い主の代わりにペットの面倒を見る職業がペットシッターです。

ペットシッターには犬を専門とするドッグシッターの他に、猫を専門とするキャットシッターがあります。キャットシッター資格一般社団法人日本ペット技能検定協会の認定資格となっています。

ここではキャットシッターの資格検定について解説します。


 キャットシッター資格の概要


キャットシッターは猫の飼育管理方法から病気や健康、看護、生態や品種に関する知識や技術を習得した者に与えられる専門資格です。

また飼い主の留守宅に赴いて飼い猫の世話をするため、優れた人間性と責任感がキャットシッターには求められます。

近年は猫ブームによって猫の飼育頭数も増え、キャットシッターのニーズも高まっています。そのため資格取得を目指す人も増えています。

またプロを目指す人以外にも、自宅で猫を飼っている飼い主さん、猫好きの方など、一般の人も大勢キャットシッター資格を取得しています。

キャットシッター資格の概要は、以下の通りです。

○受験資格:協会指定のカリキュラムを修了した方
○年齢制限:なし。誰でも受験できます
○試験方法:筆記試験
○試験期日:随時
○試験場所:在宅
○ライセンス交付申請料:12,000円


 通信講座でキャットシッター資格取得


通信講座でキャットシッター資格取得

実は猫について学べる資格講座は、あまり多くありません。

その中でキャットシッター資格が取得できる講座としてヒューマンアカデミーの『キャットケアスペシャリスト講座』があります。

こちらは猫のケアに関する専門家を養成する講座ですが、キャットケアスペシャリスト資格と共にキャットシッター資格も取得できます。

キャットケアスペシャリスト講座は日本ペット技能検定協会の認定講座なので、試験会場に行かずに在宅受験で資格を取ることができます。

また希望者には実技研修を行っていたり、就職や転職支援も実施しています。大手スクールならではの充実したサポートが特長です。

キャットケアスペシャリスト講座は猫に関わる仕事がしたい人だけでなく、愛猫家にも人気です。受講者の満足度も高いことで評判です。

キャットシッターを目指す人にはおすすめの講座ですね。


 キャットシッター通信講座の学習内容


キャットシッター資格を取得するために、以下のことを学習します。

1、猫学、猫の看護学、介護学
2、ペット社会学

キャットシッターになるには猫の生態や体の構造といった猫学や、健康や病気、内科学や臨床検査学などの看護・介護の知識が必要です。

さらには猫の手入れに関するグルーミング・美容学の技術も身につけておくと、飼い主さんに喜ばれます。

またプロの専門家として活動するためには、人間と猫の社会的背景や共生の歴史といったペット社会学の知識を身につけておく必要があります。

ヒューマンアカデミーの『キャットケアスペシャリスト講座』では、キャットシッターに必要な知識や技能をしっかりカバーしています。


 ヒューマンアカデミー通信講座のメリット


ヒューマンアカデミーの講座には以下のメリットがあります。

キャットケアスペシャリストとキャットシッターの2資格が取れる
・猫に関する幅広い専門知識を約4ヶ月で学習できる
・希望者には実技研修でプロの指導が受けられる
日本ペット技能検定協会の認定なので在宅で資格が取得できる
・ペット業界の求人紹介など就職や転職のサポートがある
・独立開業のサポートも行っている
・動物病院の先生に愛猫の健康相談もできる

大手の教育機関だけあって他の通信講座と比べると、カリキュラムもサービスも充実しています。そのため安心して資格が取得できます。

またプロを目指す方だけでなく、一般の飼い主さんにも人気の高い講座です。猫について学びたい愛猫家の方にもおすすめの講座です。

ヒューマンアカデミーには他にも約20種類のペット講座をはじめ合計150種類もの通信講座が用意され、多くの資格に対応しています。

詳しい内容は下記サイトや無料の資料請求でご確認ください。

ヒューマンの通信講座 『ペット』