ペット&動物の資格・求人・通信講座

近年のペットブームにより、ペットや動物に関する資格や仕事が増えています。「大好きなペット・動物に携わる仕事がしたい!」という人も少なくないでしょう。

『ペット&動物の資格・求人・通信講座』では、ペットや動物の資格や仕事、通信講座や求人を紹介します。トリマーになるには、ドッグトレーナーになる方法、ドッグシッターや動物看護士、動物介護士が学べる通信講座をご紹介します。

ペットや動物の仕事がしたい方は、きっと動物が好きなはず。しかし動物が好きなだけでは、ペット・動物の仕事には就けません。

ペットや動物の仕事にはどんなものがあり、どんな資格が必要で、どんな方法で職に就けばいいのかを学ばなければなりません。

当サイトではペット・動物関係の資格や通信講座、求人情報をご紹介します。ペット・動物関係の仕事をしたい方のお役に立てれば幸いです。

ヒューマンの通信講座 『ペット』
・ペット専門通信資格「日本ケンネルカレッジ」


セラピードッグトレーナーの資格検定

セラピードッグトレーナーの資格検定

セラピードッグトレーナーは「犬による癒し」の専門家で、アニマルセラピーに用いるセラピー犬を育てる訓練士です。

近年は日本でも医療や介護の現場でアニマルセラピーが注目されています。アニマルセラピーとは動物介在活動のことで、動物との触れ合いを通じて精神の改善を図るリハビリテーションです。

そして犬によるセラピーを行う専門家を、セラピードッグトレーナーと言います。これは一般社団法人日本ペット技能検定協会の認定資格です。

ここではセラピードッグトレーナーの資格検定について解説します。


 セラピードッグトレーナー資格の概要


○受験資格:協会指定のカリキュラムを修了した方
○年齢制限:なし。誰でも受験できます
○試験方法:筆記試験
○ライセンス交付申請料:12,000円

アニマルセラピーの基本的な知識からその効果、具体的な活動や今後の課題について学習しましょう。セラピードッグトレーナーは、

・心理学やカウンセリングの知識や技術
・犬のしつけやトレーニング、ケア


の2種類の勉強をする必要があります。

医療や介護の現場でセラピーを行うには、人間の心の勉強だけでなく、犬のしつけやトレーニングも学ぶ必要があるのです。

2分野の学習が必要なので、各分野を整理しながら学習しましょう。


 通信講座でセラピードッグトレーナー資格取得


通信講座でセラピードッグトレーナー資格取得

セラピードッグトレーナーの資格に対応した講座として、ヒューマンアカデミーの『ドッグトレーナー講座』『ドッグトレーナー プロフェッショナル講座』があります。これは日本ペット技能検定協会の認定講座です。

自宅で学習し、在宅で受験できます。スクールに通ったり試験会場で受験したりせず、全て自宅で資格まで取得できるのが大きな魅力です。

また両講座は同時に複数の資格が取得できます。

 ドッグトレーナー講座で取得できる資格


・セラピードッグトレーナー資格
・家庭犬トレーナー2級資格
・ペットロスケアアドバイザー資格

 ドッグトレーナー プロフェッショナル講座で取得できる資格


・セラピードッグトレーナー資格
・家庭犬トレーナー1級資格
・ペットロスケアアドバイザー資格
・ドッグシッター資格
・小動物看護士資格
・動物介護士資格
・ペット販売士資格
・ペット飼育管理士資格

セラピードッグトレーナー資格はアニマルセラピストを目指す人だけでなく、普通のドッグトレーナーや犬に関わる仕事をしたい人にも有効です。

もちろん家庭で犬を飼う飼い主さんにも役に立ちます。


 ヒューマンアカデミーのペット講座


ヒューマンアカデミーには20種類近いペット講座があります。

自宅で学習して資格が取れるだけでなく、希望者には実技研修も行っています。またペット業界の求人紹介など、就職・転職サポートもあります。

大手の教育機関なので、カリキュラムもサポートは充実しています。

ペット業界で働きたい人や、現在ペット業界で活躍されている方だけでなく、ペットを飼う一般の飼い主さんも大勢受講している人気講座です。

詳しくは下記サイトや無料の資料請求でご確認ください。

ヒューマンの通信講座 『ペット』



通信講座でペット資格を取る

ペット資格を通信講座で取る

ペットが身近な存在になり、ペットビジネスも盛んになりました。ペット関連の様々な職業が登場すると共に、新しい資格も誕生しています。

近年は通信講座で自宅にいながらペット資格の取得も可能です。

ビジネスやパソコンなど資格には様々な種類がありますが、ペット資格はその中でも高い人気を誇っており、毎年大勢の人が受験しています。


 ペット資格を取る意味とは?


ペット資格の多くは、就業に取得を義務づけられた国家資格ではありません。各団体が独自に主催する民間資格と呼ばれるものです。

そのため資格がなくてもペット業界で働くことは可能です。それではなぜペット資格を取る必要があるのでしょうか?

ペット資格を取る意味として以下のような理由が挙げられます。


 1、知識やスキルの習得


ペットや動物の勉強をしたいと思っても、目標がないと学習に身が入りません。しかし資格取得という目標があれば、勉強にも力が入ります。

資格取得を目指すことで、正しい知識やスキルが身につきます。


 2、社会的な証明


資格は知識やスキルの社会的証明になります。そのため就職や転職で有利になり、仕事をする上でもお客さんに信頼され、安心してもらえます。

また資格を取ることで、自信を持って動物に接することができます。


 3、自分に対するご褒美


資格は一生懸命勉強して知識や技能を身につけた、自分に対するご褒美でもあります。努力の成果を資格という形で確認することができます。

また「資格を取る」という目標を掲げれば、努力もしやすいです。


 どんな人がペット資格を取るの?


1、ペット業界で働きたい人
2、ペット業界で働いている人
3、ペットを飼っている人

ペットを仕事にしたい人や、ペットを仕事にしている人が多いです。一方で一般の飼い主さんも大勢がペット資格を取得しています。

愛するペットのために勉強する方も、たくさんいらっしゃるようです。

他にも動物が好きで動物について学びたい人や、資格の取得を趣味としている方もいます。ペット・動物系の資格はビジネスから趣味まで幅広くあります。そのため受験者の数も多いです。


 どんなペット資格があるの?


どんなペット資格があるの?

ペット資格には様々な種類があります。ペット資格の取得を考えている人は、どんな資格を取りたいかを決めてから通信講座を選びましょう。

例えばペットの美容を学びたい人はトリマー(トリミング)講座がおすすめだし、犬のしつけを学びたい人はドッグトレーナー講座、愛犬の介護方法を学びたい人は動物介護士講座などがいいでしょう。

ペット関連の通信講座は人気が高いので、種類が豊富です。

そのため自分に合った講座を見つけやすいと思います。興味のあるペット通信講座を見つけたら、HPや無料の資料請求で確認してみてください。


 おすすめペット資格講座


 ヒューマンアカデミーのペット資格講座


・資格取得で有名なヒューマンアカデミーの通信講座
・トリマー、動物看護師、動物介護士など、ペット講座が豊富
・講座を修了すると、在宅で様々なペット資格が取得できる
・講座修了で資格が取得でき、就職や転職のサポートもあり
ISO29990を取得し、国際規格にクリアしているので安心






 日本ケンネルカレッジのペット資格講座


つくば国際ペット専門学校が運営するペット専門の通信講座
・トリマー、動物看護士、ドッグトレーナーなど20種類の講座
在宅でペット資格が取得でき、希望者には実技研修も実施
・実技講習や就職支援、資格取得などサポート体制も充実
動物取扱責任者の取得サポートもあり、プロを目指せる






 がくぶんのペット資格講座


通信講座90年の歴史を誇る実績豊富な大手教育機関
・『ペット看護士講座』ではペット介護士の資格が取れる
・ペットの基礎知識から病気、健康管理、手入れまで幅広く学習
・DVDとテキストを使って初心者でもプロの技術を効率的に習得
・動物病院やペットショップなどペット業界で活躍できる