ペット&動物の資格・求人・通信講座

近年のペットブームにより、ペットや動物に関する資格や仕事が増えています。「大好きなペット・動物に携わる仕事がしたい!」という人も少なくないでしょう。

『ペット&動物の資格・求人・通信講座』では、ペットや動物の資格や仕事、通信講座や求人を紹介します。トリマーになるには、ドッグトレーナーになる方法、ドッグシッターや動物看護士、動物介護士が学べる通信講座をご紹介します。

ペットや動物の仕事がしたい方は、きっと動物が好きなはず。しかし動物が好きなだけでは、ペット・動物の仕事には就けません。

ペットや動物の仕事にはどんなものがあり、どんな資格が必要で、どんな方法で職に就けばいいのかを学ばなければなりません。

当サイトではペット・動物関係の資格や通信講座、求人情報をご紹介します。ペット・動物関係の仕事をしたい方のお役に立てれば幸いです。

ヒューマンの通信講座 『ペット』
・ペット専門通信資格「日本ケンネルカレッジ」


犬のブリーダーになるには

犬のブリーダーになるには

犬のブリーダーとは犬を交配させ、繁殖させるお仕事です。ドッグブリーダーとも呼ばれ、動物の命に携わる重要な職業です。

犬のブリーダーになるには、繁殖用の犬の血統書を発行している愛犬団体に犬舎(繁殖場)として登録します。そして犬舎号を取得します。

愛犬団体によって、登録料や手数料が異なるので確認してください。仔犬が産まれた時には、その団体が血統書を発行してくれます。

ドッグブリーダーは犬好きの人に人気の高いお仕事です。犬のブリーダーになりたい! という人もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は犬のブリーダーになる方法を紹介します。


 ドッグブリーダーのお仕事


犬のブリーダーのお仕事は、犬を交配させて繁殖し、流通させることです。犬は人気の高い生き物なので、ペット業界には欠かせない職業です。

ブリーダーの多くは個人で行っており、プロとして活動している人もいれば、犬好きの方が趣味として繁殖を行っている場合もあります。

犬のブリーダーは大規模な事業ではなく、一人でもできるお仕事です。そのため犬好きの方が個人でも参入しやすい分野と言えます。

ただ生き物の命に関わる仕事なので、ドッグブリーダーには深い知識と技術が要求されます。犬の生態や品種はもちろん、繁殖や飼育方法、健康管理、医療に至るまで専門知識と技能、責任感と倫理観が求められます。

特にプロとして活動される方は、最低でも資格を取っておきましょう。また販売に携わるためには、動物取扱業の登録が必要になります。


 犬は愛情を持って育てよう


ブリーダーには犬や猫の他、ウサギや金魚、クワガタなど様々な種類があります。その中でメジャーなのが、犬を繁殖させるドッグブリーダーであり、猫を繁殖させるキャットブリーダーです。

ただ猫と比べると、犬の繁殖は手間がかかって大変です。

まず犬のブリーダーになるには、犬舎は寝床とトイレ、運動場が必要です。さらにオスとメス、相性の悪い個体同士は分けた方がいいです。

健康な子犬を作るには、掃除や消毒で清潔な環境を確保することです。

また繁殖に使う犬には、ペット以上の健康管理が求められます。餌は良質のフードを適量だけ与え、運動が必要な犬種にはきちんと運動させます。

愛情を持って育てることが、ブリーダーの使命です。


 犬の交配は責任を持って計画的に


犬のブリーダーになる方法

オスとメスの交配は、責任を持って計画的に行ってください。交配は自分の犬舎の犬だけでなく、他の犬舎の犬と行うケースもあります。

子犬は生後2~3ヶ月で、新しい飼い主に渡すのが理想です。

そのため生まれる前から雑誌に広告を出したり、ペットショップや知人に尋ねたりして、引き取り手を探しておくといいでしょう。

最近はインターネットを利用した取引も可能です。

従来のようにペットショップを介するのではなく、ブリーダーが自身のホームページを通して直販する形態も広まっています。

ブリーダーにとっては独立開業しやすい環境になっています。


 犬のブリーダーに求められるもの


・犬に関する幅広い知識と技能
・犬に対する深い愛情
・責任感があり、誠実であること

ドッグブリーダーになるには、犬が好きでなければなりません。しかしただの犬好きにドッグブリーダーは務まりません。

犬の繁殖や飼育に携わる者として、専門的な知識や技能は不可欠です。ドッグブリーダーになるには、愛情と専門知識の両方が必要です。

またプロのブリーダーとして活動する上で、収入も大事になってきます。しかし目先の利益に走って乱繁殖を行ったり、購入者に対してアフターケアもせずに売りっぱなしになったりすることは絶対にやめてください。

乱繁殖を行う悪質ブリーダーやパピーミルのせいで、健全な活動をしているブリーダーまで冷たい目で見られるという現状もあります。

プロとして収入を得ることも大切ですが、それ以上に責任感を持って仕事を行ってください。ドッグブリーダーには高い倫理観も不可欠です。


 犬のブリーダーになるには


犬のブリーダーになるのに特別な資格は必要なく、学歴や性別も問われません。その気になれば誰でもブリーダーになることができます。

ただプロのドッグブリーダーとして繁殖した犬を販売する場合には、保健所に動物取扱業の届け出を行う必要があります。

動物取扱責任者の登録には、以下のどれかに該当する必要があります。

・ペット業界での実務経験が半年以上ある
・ペット関連の学校を卒業している
・ペット関連の資格を保有している

届け出をせずに販売を行うと違法行為になるので注意してください。趣味で犬を繁殖させるだけの場合は、動物取扱業の届け出や登録は不要です。


 ドッグブリーダーの資格を取得


ドッグブリーダーの資格を取得

犬のブリーダーを養成する専門学校は、それほど数が多くありません。そのため近年は通信講座で学習するスタイルが増えています。

通信講座では専門的な知識が学べるだけでなく、講座を修了することで資格が取得できます。中には通信講座でも実技研修を行っているところもあり、より実践的な技能を学べるシステムが確立されています。

大手の通信講座なら就職や転職・独立開業の支援も行っており、動物取扱業の登録サポートなども実施しています。

ドッグブリーダーの資格にはいくつか種類があるので、講座を選ぶ際にはどんな資格が取得できるのかを事前に確認してください。

またプロを目指す方は就業サポートもチェックしておくといいですね。

ブリーダー資格は出産や飼育、健康管理まで幅広い知識と技術を習得できる資格なので、ペット業界の幅広い場面で役立ちます。

犬と関わる仕事がしたい人や、犬の飼い主さんにもおすすめの資格です。


 ヒューマンアカデミーのブリーダー講座


ヒューマンアカデミーは150種類の講座を擁する日本最大級の資格スクールです。ペット・動物系だけでも約20講座があります。

『ブリーダー講座』では繁殖飼育学をはじめ、動物看護学、犬種標準学を学習します。ブリーダーの基礎からプロを目指せるカリキュラムです。

この講座は一般社団法人日本ペット技能検定協会の認定講座となっており、修了時に同協会のペット繁殖指導員資格が取得できます。

ヒューマンは資格スクールでは国内で初めて「ISO29990」の認定を取得し、国際規格にクリアした教育機関なので信頼性が高いです。

他にもトリマーや動物看護士、ドッグトレーナー、猫の通信講座もあるので、動物が好きな人は一度HPをチェックしてみてください。





日本ケンネルカレッジのブリーダー講座


日本ケンネルカレッジはつくば国際ペット専門学校の通信講座です。

ブリーダーが学べる講座として『ドッグブリーダー養成専門講座』と『ペットブリーディング学科』があります。どちらもJCSA認定講座です。

『ドッグブリーダー養成専門講座』ではドッグブリーダー資格が取得できます。『ペットブリーディング学科』ではドッグブリーダーと動物看護士の2資格が取得できます。複数の資格が欲しい人は後者がおすすめですね。

日本ケンネルカレッジには4つのコースと17種類のペット講座があります。プロを目指す人から一般の飼い主さんまで幅広く対応しています。


動物介護士の資格

動物介護士の資格

動物介護士は老齢や病気のペットを世話する専門資格です。動物介護士には健康管理や動物のしつけなど、多彩な知識が必要です。

動物介護士はペット介護士とも言われます。

ペットの高齢化が進む中、動物介護士資格が注目を集めています。ペット業界で働く人だけでなく、一般の飼い主さんにも人気の高い資格です。

ここでは動物介護士の資格について解説します。


 動物介護士の資格とは?


動物介護士の資格は通信講座で学習し、試験に合格すると与えられます。

動物介護士になるには、犬猫の種類や生態に精通し、病気や健康管理、しつけ、トレーニング法、トリミングなど、幅広い知識と技術が必要です。

ペット介護の実践的な資格なので、動物介護士として働くためではなく、自分のペットを介護するために資格を取得する人も多いです。

資格を取得すれば、ペット業界への就職・転職は有利になります。

ペットの高齢化に伴い、ペット業界のあらゆる場面で動物介護の専門家が求められています。動物介護士資格のニーズは高まっています。

近年は動物介護士の資格も国家資格にしようという動きも出ていますので、そういう意味では非常に価値のあるペット資格と言えるでしょう。


 動物介護士資格の種類


現在のところ、動物介護士には統一された公的資格がありません。様々なペット系団体が主催する民間資格があるのみです。

主な動物介護士資格として、以下のようなものがあります。

・小動物介護士:一般社団法人 日本ペット技能検定協会
・老犬介護士:日本キャリア教育技能検定協会
・動物介護士:一般財団法人日本能力開発推進協会
・ペット介護士:がくぶん&世界の名犬牧場

現在のところ、動物介護士の資格に大きな優劣はありません。

ただ資格を取得する際の学習内容に違いがあります。そのため資格を取る際にどんな学習が必要なのかを前もって調べておきましょう。


 動物介護士資格の難易度


動物介護士資格の難易度

動物介護士資格を取得するのは、どれくらい難しいのでしょうか?

現在のところ、難易度はさほど高くありません。

資格の種類にもよりますが、大抵は通信講座を修了すれば資格が取得できます。試験がある場合もそれほど難しい内容ではありません。

通信講座できちんと学習すれば、十分に取得できるレベルです。

ただ上記で述べた通り、動物介護士を国家資格にする動きもありますし、他の資格と統合して難易度が上昇する可能性もあります。

動物介護は急速にニーズが高まっているため、大きな変化も考えられます。容易に取得できる今のうちに取っておくのもいいかもしれませんね。


 動物介護士になるのに資格は必要?


「資格を持ってないと、動物介護士にはなれないの?」

という疑問を抱かれる方もいらっしゃると思います。

結論から述べると、動物介護士になるのに資格は必要ありません。動物介護士は民間資格なので、法的には無資格でも働くことは可能です。

しかし動物介護士の仕事は、ペットの命に関わることも少なくありません。それだけに責任は重大だし、知識や技術が要求されます。

そのため現実問題として、資格がないと仕事を行うのは困難です。動物介護士を目指すなら、きちんと学習をして資格を取っておきましょう。


 動物介護士資格の概要


現在のところ動物介護士の資格は民間資格ですが、国家資格にしようという動きもあるようです。動物看護士も国家資格を目指しています。

もしかするとこの2つの資格は、いずれ国家資格になるかもしれません。

ただ現在のところは民間資格で、取得は難しくありません。通信講座を受講し、課題をクリアすると、動物介護士の資格は取得できます。

ペットの高齢化が進む中、今後注目を集める資格になるでしょう。ペットに興味のある方は今のうちに資格を取っておいて損はありません。


 動物介護士の将来性


動物介護士になるのに資格は必要か

動物愛護法が改正され、動物との関わり方が見直される昨今、ペットと共生する社会を作る重要な資格として、動物介護士は期待されています。

近年はペットの高齢化が進み、飼育される犬猫の2/3が老齢にあると言われています。そのためペットケアに関心を持つ飼い主も増えています。

動物介護士は単にペットの介護だけでなく、しつけやトリミング(美容)や手入れの技術まで、ペットのケアを幅広く習得します。そのため動物病院やペットショップ、動物園まで、幅広い分野で活躍できます。

ペットの高齢化はこれからもどんどん進むと予測されているので、ペット介護の専門職である動物介護士は今後大きな役割を期待されます。


 動物介護士資格が取れる通信講座


動物介護士のニーズの高まりに伴い、動物介護士の通信講座も次々に登場しています。講座では専門的な学習ができ、資格が取得できます。

講座の詳細は各HPをご覧ください。また無料の資料請求でお確かめできます。各講座を比較して、自分に合った講座を選んでください。

以下に人気の高いおすすめの動物介護士講座を紹介します。ペット業界で働きたい方や、自宅でペットを飼っている方は参考にしてください。


 ヒューマンアカデミーの動物介護士講座


創立30年の大手教育機関ヒューマンアカデミーのペット通信講座です。

動物介護士を目指せる講座として、『動物介護士講座』があります。動物介護の知識と技術を短時間で効率的に習得できます。

希望者には現場での実技研修制度もあります。またペット業界の求人紹介や独立開業支援など、就職サポートも充実しています。

小動物介護士、小動物看護士、ドッグシッターの3資格が取得できます。






 日本ケンネルカレッジの動物介護士講座


つくば国際ペット専門学校が運営するペット通信講座です。

ペット介護系の講座としては、初級用の『シニアドッグヘルパー講座』と、プロ向けの『老犬介護士養成専門講座』の2つがあります。

専門学校と同レベルの充実したカリキュラムとサポート体制、希望者にはホテルで無料宿泊しながらの実技研修なども行っています。

JCSA 認定の老犬介護士資格が取得できます。






 がくぶんペット介護士講座


通信教育80年の歴史を持つ、がくぶんのペット介護士養成講座。

犬や猫の基礎知識から病気の早期発見、健康維持、応急処置、病気、しつけなど、犬猫の介護や健康、しつけを幅広く学習できます。

犬や猫の介護方法だけでなく、健康管理やしつけまで学べるので、プロを目指す方だけでなく、一般の飼い主さんにも役立つ講座です。

講座を修了するとペット介護士の資格が取得できます。