ペット&動物の資格・求人・通信講座

近年のペットブームにより、ペットや動物に関する資格や仕事が増えています。「大好きなペット・動物に携わる仕事がしたい!」という人も少なくないでしょう。

『ペット&動物の資格・求人・通信講座』では、ペットや動物の資格や仕事、通信講座や求人を紹介します。トリマーになるには、ドッグトレーナーになる方法、ドッグシッターや動物看護士、動物介護士が学べる通信講座をご紹介します。

ペットや動物の仕事がしたい方は、きっと動物が好きなはず。しかし動物が好きなだけでは、ペット・動物の仕事には就けません。

ペットや動物の仕事にはどんなものがあり、どんな資格が必要で、どんな方法で職に就けばいいのかを学ばなければなりません。

当サイトではペット・動物関係の資格や通信講座、求人情報をご紹介します。ペット・動物関係の仕事をしたい方のお役に立てれば幸いです。

ヒューマンの通信講座 『ペット』
・ペット専門通信資格「日本ケンネルカレッジ」


ペットや動物の仕事をする方法

ペットや動物の仕事をする方法

犬や猫などペットや動物が好きな人の中には、「ペットや動物と関わる仕事がしたい!」と考えている方もいらっしゃると思います。

しかしペットが好きなだけでは、プロの仕事はできません。

まずはペット業界にはどんな仕事があるのかを知り、どんな知識や技術が求められるのかを把握し、それを習得していく必要があります。

そこで今回はペットや動物の仕事をする方法を簡単に解説します。


 動物病院での仕事


動物病院での仕事といえば、動物看護士(ペット看護士)です。

動物看護士の主な仕事は、獣医さんのサポートです。動物の診察を補助したり、治療の手伝いや飼い主にアドバイスをしたりします。

当然、ペットの生態や習性、医療や健康の知識は不可欠です。看護士という職業柄、知識だけでなく高度な技術も要求されます。

動物看護士は民間資格なので資格を持っていなくても仕事に就くことは可能ですが、現実問題として資格がないと就職するのは困難です。

動物看護士を目指すなら、専門の勉強をして資格を取りましょう。


 動物介護のお仕事


動物看護士と並んで最近注目されているのが、動物介護士です。

動物介護士の仕事は文字通り、ペットや動物の介護をすることです。年老いたペットの食餌や排泄など、介護と世話を行うのが主な仕事です。

近年は犬や猫の寿命が延びたことにより、ペットの高齢化が問題となっています。そのため老犬介護や老猫介護の需要が高まっているのです。

ペット介護士も民間資格なので、資格がなくても仕事に就くことは可能です。しかし動物看護士と同じく、専門知識なしに仕事はできません。

動物介護士を目指す人も、まずは資格の取得を目指してください。


 犬のしつけに関わる仕事


ペットや動物の仕事をするには

犬のしつけといえば、ドッグトレーナーや動物訓練士です。

家庭で犬を飼う人が増えたことに伴い、しつけに困る飼い主の数も増えています。うまくしつけができず、トラブルになるケースも多いです。

ドッグトレーナーは家庭で暮らす犬達に、人間社会で生きていくためのルールやマナーを教えることが仕事です。

トイレや食餌の方法、散歩や遊び方などをしつけます。

同時に飼い主に対しても、犬の飼い方を指導します。ドッグトレーナーは犬だけでなく、人間(飼い主)とも関わる仕事なのです。

そのため対人コミュニケーション能力も要求されます。


 ペットの美容に関わる仕事


ペットの美容に関わる仕事といえば、トリマーです。グルーマーともペットスタイリストとも言われることがあります。

トリマーは女性に人気の高い職業で、トリマーの9割が女性と言われています。ただ近年は男性もトリマーも増えているようです。

ペットの美容師であるため、細やかな神経と手先の器用さが不可欠です。そしてトリマーには、美容の知識やおしゃれのセンスも要求されます。

また相手が動物なので暴れることも多く、こちらの言う通りには動いてくれません。そのため体力や我慢強さもトリマーには欠かせません。

さらにトリミングをする前に、ペットに不調がないか健康チェックをするのもトリマーの重要な仕事です。ペットの医療や病気の知識も必要です。


 ペットショップのお仕事


ペット業界の仕事で最もポピュラーなのが、ペットショップです。

ペットショップのお仕事は、販売動物の世話をする他、生体やフード・グッズの販売、商品の補充や注文、荷卸しなど多岐に渡ります。

中でも重要なのが、接客です。ペットショップのお仕事は接客業なので、動物が好きなだけでなく、人間も好きでなければ務まりません。

動物の知識や技術だけでなく、ビジネスマナーも重要です。

ペットショップで働くのに特に資格は求められませんが、資格を持っていると知識や技術の証明になるので就職に有利です。

ペットショップで働きたい人は、ペット資格を何か取っておくのもいいですね。


 ペットや動物の仕事をするために


ペットは命ある生き物である以上、どの仕事も責任は重大です。ペット業界で働くには、ただペットが好きというだけでは務まりません。

そこでペットや動物の仕事をしたい人は、専門の勉強を行ってください。その上で資格をきちんと取得した方が、道は開けやすいはずです。

最近は通信講座でもカリキュラムは充実しています。自宅で学習するだけでなく、希望者には実技研修を行っているところもあります。

また資格が取得できるだけでなく、求人の紹介など就職支援も行っています。ペット業界で働きたい人には、ありがたいサポートだと思います。

以下にペット業界の資格取得や就職支援に力を入れている通信講座を紹介します。講座の詳細は各HPや無料の資料請求でご確認頂けますので、ペットや動物の仕事をしたい方はぜひ参考にしてください。


 おすすめのペット通信講座






ブリーダーの通信講座

ブリーダーの通信講座

ブリーダーの仕事はペットを交配させ、繁殖、流通させることです。ペット業界を支える重要な役割を果たし、人気の高い職業でもあります。

ブリーダーになるには、通信講座で資格を取得する方法があります。

ブリーダーになるには特別な資格は求められませんが、ペットを繁殖させて健康に育てるためにも、知識やスキル、倫理観を学ぶ必要があります。

ブリーダーは動物の「命」を扱う責任ある職業なのです。

ここではブリーダーの通信講座について解説します。ブリーダーの専門的な学習したい方や、資格を取得したい方は参考にしてください。


 ブリーダーの通信講座


かつてブリーダーはベテランの元で修行して学ぶというスタイルでしたが、近年はブリーダーを養成する通信講座も開設されています。

通信講座なら安い費用で効率的に学ぶことが可能です。また通信講座を利用すれば、働きながら自分のペースで学習ができます。

基本的な学習方法はテキストやDVDを使って勉強します。ただ希望者にはスクーリング(実技研修)を行っているところもあります。

そのためより実践的な学習を行うことができます。

学習期間は4ヶ月~12ヶ月程度で、費用は9万~10万円が相場です。

専門学校に通うと100万円単位のお金がかかり、学習期間も1年以上が標準です。通信講座だと安い費用で短期間に効率的に学習できます。

通信講座は資格が取得できる上、プロになるためのノウハウや就業サポートも行っています。仕事をする上での知識や技術を習得できます。


 ブリーダー通信講座のメリット


・忙しい人でも自宅でマイペースに学習できる
・スクールに通うよりも安い費用で学習できる
・講座を修了することで資格を取得できる
・独立開業のノウハウを学ぶことができる
・就業相談や就職サポートを受けることができる

従来まではプロのブリーダーのもとで修行するのが一般的なスタイルでした。しかしそれではハードルが高いし、時間もかかって非効率です。

通信講座では自宅で自分の好きな時間に学習できます。手軽にプロの技術を学べるのが、ブリーダー通信講座の大きな魅力です。

ブリーダーの通信講座ではプロに必要な知識や技術が習得でき、資格も取得できます。しかしこれだけではプロのブリーダーにはなれません。

大手の通信講座なら「プロのブリーダーになるには、何が必要か」といったノウハウや、就職支援・独立開業のサポートも行っています。


 ブリーダー通信講座の学習方法


ブリーダー通信講座の学習方法

実はブリーダーを養成する通学型の専門学校というのは、非常に少ないです。大抵の動物専門学校は動物看護士やトリマーなどの養成が目的で、教育の一部としてブリーダーの学習を行う程度です。

そのためブリーダーをピンポイントで学習するには、通信講座の方が効率的と言えます。近年は通信講座もカリキュラムが充実し、知識を詰め込むだけでなくより実践的な学習ができます。

基本的にはDVDやテキストを使用しますが、電話やメールでのサポートを行っていたり、添削指導や就職サポートなどもあります。

また希望者にはスクーリング(実技学習)を行う通信講座もあります。


 ブリーダー通信講座の学習内容


ブリーダー通信講座の学習内容は、各教育機関によって異なります。ただ一般的には以下のような内容を学習することになります。

・繁殖飼育学・・・計画的な繁殖の方法。交配、妊娠、出産
・動物看護学・・・ペットの体の仕組みや病気、健康管理
・手入れと飼育管理・・・適切な飼育方法としつけ、手入れ

ブリーダーはペットを繁殖させるお仕事なので、どんな講座でも繁殖方法を学習します。自然交配や人工交配、妊娠や助産などです。

その後、生まれてきた赤ちゃんの面倒も見なければなりません。そのためブリーダーは健康管理や病気など動物看護の勉強も行います。

同時に手入れやしつけなど、飼育方法も勉強します。ブリーダーは命を預かるお仕事なので、正しい飼育方法を知っておかなければなりません。

このようにブリーダーになるには、幅広い知識が求められます。

言い換えればブリーダーの資格を持っていると、ペットの幅広い知識や技術を有することになるので、ペット業界の様々な場所で活躍できます。


 ブリーダー通信講座を選ぶ前に


ブリーダー養成の通信講座を開設している教育機関は幾つもありますが、カリキュラムや費用、取得できる資格に違いがあります。そのため講座に申し込む前に、内容をきちんと確認することが大切です。

専門学校と比べて格安で学べるといっても、10万円近い費用がかかります。申し込む前に講座の内容をじっくりと検討してください。

大抵の通信講座は無料で資料請求ができます。

資料を取り寄せるだけなら無料なので、まずは幾つかの講座から資料請求し、内容を比較して自分の目的に合った講座を選ぶといいですね。

以下におすすめのブリーダー通信講座を紹介しておきます。ブリーダーになりたい方やペットの繁殖に興味のある方は参考にしてください。


 人気のブリーダー通信講座


 ヒューマンアカデミーのブリーダー通信講座


創立30年の実績を持つ大手教育機関で、多数のペット通信講座があります。ブリーダー向け講座としては『ブリーダー講座』があります。

講座では繁殖飼育学や動物看護学、犬種標準学を中心に学習し、一般社団法人日本ペット技能検定協会のペット繁殖指導員資格が取得できます。

さらにはペット業界の求人紹介や面接対策など、就職支援や独立開業サポートも実施。資格を取得してプロを目指すことができます。

ヒューマンアカデミーには他にも動物看護士や動物介護士、トリマー、キャットケアスペシャリストなど、ペット通信講座が約20講座あります。

ペットや動物に興味のある方は、HPを覗いてみてください。






 日本ケンネルカレッジのブリーダー通信講座


つくば国際ペット専門学校が直轄する通信講座で、『ドッグブリーダー養成専門講座』と『ペットブリーディング学科』が対応しています。

通信講座を修了すると、JCSA 認定のドッグブリーダー資格や動物看護士資格、愛犬飼育管理士や優良家庭犬資格などを取得できます。

この通信講座は『動物取扱責任者』登録を目指せるのが大きな特徴です。単に資格取得だけでなく、独立開業したい人にもおすすめです。

日本ケンネルカレッジには他にもペット看護やペット美容、ペットビジネスや老犬介護など、たくさんのペット通信講座が用意されています。

講座は大きく4つのコースに分かれており、ペット業界のプロを目指す人から趣味で学びたい人まで幅広く対応しています。