猫のブリーダーになるには? 資格とおすすめ通信講座

猫のブリーダーになるには? 資格とおすすめ通信講座

ブリーダーとは、ペットを繁殖させて販売する職業のことです。

ブリーダーは本業だけでなく、サイドビジネスとして楽しみながら取り組む人も多いです。繁殖させる動物には犬やウサギなどありますが、猫も人気が高いです。

猫のブリーダーをキャットブリーダーと呼ぶことがあります。

近年は猫を飼う家庭が増え、キャットブリーダーのニーズが高まっています。猫は犬よりも手がかからず、繁殖や飼育がしやすい点が魅力です。

そのため猫のブリーダーは業界でも注目を集めつつあります。

今回は猫のブリーダーになるにはどうすればいいかを解説します。


 キャットブリーダーの仕事


猫のブリーダー(キャットブリーダー)の仕事は、猫を交配して出産させ、流通させることです。ペットショップで販売されている猫は、大半がブリーダーの手によるものです。

ブリーダーはペットビジネスの根幹をなす重要な役割を担っています。

猫のブリーダーになるには、単に猫が好きというだけでは務まりません。ブリーダーはペットの知識だけでなく、流通や販売に関わるビジネスの知識も求められます。

◆ ブリーダーの仕事に必要なスキル
・ペットの交配
・出産や育児
・病気と健康管理
・流通や販売
・法律や法令

動物の命に関わる仕事だから、責任は重大です。知識やスキルだけでなく、高い倫理感が求められます。仕事では優れた人間性が求められる重要な職業です。

実際、利益のためにペットを乱繁殖させる悪質なブリーダーもいます。

ビジネスである以上、利益は大切です。しかし利益のために動物の命を軽視してはいけません。一つの命を預かっているという使命感を決して忘れてはいけません。

そういう意味では、ブリーダーに最も求められるのは「ペットが好きという気持ち」「ペットを愛する気持ち」と言えます。知識やスキルよりも、この気持ちが何よりも大切です。

ブリーダーの仕事は「ペットが好き」というだけでは務まりませんが、「ペットが好き」という気持ちを絶対に忘れてはいけないということです。


 猫のブリーダーになるには?


1、ブリーダーに必要な知識と技能の習得

2、ペット資格を取得

3、動物取扱業の登録

4、ブリーダーとして開業

猫のブリーダーになるには、まず専門学校などで必要な知識や技能を学びます。専門的な知識やスキルがないのに、プロのブリーダーになることはできません。

通える範囲に学校がない場合、通信講座で学習する人が多いです。近年は通信講座もカリキュラムやサポートが充実し、プロを育成する体制が整っています。

猫のブリーダーになるのに必ずしもペット資格は必要ありません。ただ猫の専門的な勉強をするついでに、何かしらの資格を取る人が多いです。

現在のところ「キャットブリーダー資格」という名称の資格は存在しません。

日本ペット技能検定協会の『ペット繁殖指導員』資格を取るといいでしょう。

猫のブリーダーになりたい人は、猫専門の資格である『キャットシッター』資格や『キャットケアスペシャリスト』資格もおすすめです。

これらの資格は猫のプロを目指す人に最適です。特にキャットケアスペシャリストは猫の出産や繁殖も学習することから、キャットブリーダーを目指すにはうってつけです。

他にも動物看護士や愛玩動物飼養管理士も、ブリーダーを目指すには有効です。

もちろん全ての資格を取る必要はありません。自分が何を重点的に学びたいのかを検討し、それに対応する資格を取得してください。

血統書が必要な場合は、統書を発行している愛猫団体に届け出をする必要があります。団体によって登録料や手続き料が違います。繁殖した猫の血統書は、その団体が発行してくれます。


 動物取扱責任者の登録を行う


猫のブリーダーとしてビジネスを行う場合には、動物取扱責任者の登録が必要です。これは都道府県知事や政令市の長に申請を行います。

動物取扱責任者になるには、次の要件を満たす必要があります。

1、動物取扱業の申請業種で半年以上の実務経験がある
2、ペットの専門学校などで1年以上学習して卒業している
3、定められたペット資格を保有している

2020年の動物愛護管理法の改正により、「1」が必須となりました。なおかつ「2」または「3」を満たさなければなりません。従来よりもハードルが高くなっています。

趣味でブリーディングを行う場合は、届け出は必要ありません。しかしビジネスとして猫のブリーダーになる場合は、必ず届け出てください。

無登録で営業した場合は30万円以下の罰金が科せられます。

登録に必要な要件や手続きは、各都道府県によって若干異なります。詳しくは地域の保健所などに問い合わせて頂ければと思います。


 動物取扱責任者の登録サポート


最近は通信講座でも動物取扱責任者の登録サポートを行っています。小さな講座では行っていませんが、ペット業界のプロを育成する大手の講座で行っています。

このようなサポート制度を活用するのも一つの方法です。

猫のブリーダーになるには専門の勉強をしなければなりません。かといって年間100万円単位のお金が必要となる専門学校に通うのは大変です。

通信講座なら専門学校より安い費用で学べるし、自宅で学習~資格取得まで目指せます。プロを目指す人は動物取扱責任者の登録サポートがある講座を選ぶといいですね。

調べたところ、ヒューマンアカデミーや日本ケンネルカレッジが対応しています。


 猫のブリーダーに求められるもの


・猫に対する深い愛情
・猫に関する幅広い知識と技能
・責任感と高い倫理観

キャットブリーダーになるには、猫好きであることが大前提です。しかしただ猫が好きなだけではキャットブリーダーは務まりません。

キャットブリーダーは猫を交配させて繁殖し、流通させることがお仕事です。

つまり猫の命にかかわる重大な職業です。

猫の生態や品種はもちろん、繁殖や出産、健康管理や飼育方法、医療や看護など、幅広い専門知識が求められます。愛情と専門知識の両方が、キャットブリーダーには求められます。

プロとして活動する場合は、収入も大事です。しかしお金のために無計画な乱繁殖を行うなどの行為は厳禁です。キャットブリーダーには責任感や誠実さ、高い倫理観が不可欠です。


 猫のブリーダーの注意点


猫のブリーダー資格と通信講座

散歩や運動が必要な犬と違い、猫はあまり手間がかかりません。

繁殖場も寝床とトイレ、フリースペースがあればOKです。少ない頭数ならマンションの一室でもブリーディングができます。犬のブリーダーと比べると、猫のブリーダーになるのは敷居が低いです。

ただし自宅でブリーダーをする場合は、近所の迷惑にならないよう注意しましょう。鳴き声やニオイが外に漏れないような工夫が必要です。

自分がペットを飼っていると、動物の匂いや声や音に鈍感になってしまいます。しかし世の中には犬や猫が嫌いな人も少なくありません。

ブリーダーとして活動していく場合、近隣とのトラブルは絶対に避けるべきです。細心の注意を払ってブリーディングを行ってください。

猫が健康に育つために、毎日掃除を行うことも必要です。

ブリーダーの中には不潔な環境でペットを飼育する人もいますが、劣悪な環境で犬や猫を飼育することは動物虐待になりかねません。

単にマナー違反というだけでなく、動物愛護法違反になります。


 猫のタイプを決めて繁殖を


犬と同じく猫を繁殖させる場合も、どんなタイプの猫を繁殖させたいかを考えて親猫を選んでください。

同じ種類の猫でもキャットショーに出場できそうな見栄えのいい猫と、普通のペットタイプの猫があります。

仔猫を直販する場合、飼い主に飼育方法をアドバイスしなければなりません。猫のブリーダーになるには、猫の正しい知識も必要です。

ブリーダーは動物の命を育てる仕事です。無計画な繁殖は絶対してはいけません。プロとしての自覚を持ち、計画的に猫を繁殖させてください。


 おすすめの猫資格は?


猫のブリーダーになるのに、必ずしもペット資格は必要ありません。動物取扱業の登録をする際もペット資格は絶対必要というわけではないので、資格がなくても働くことは可能です。

ただしペット資格を一つも持っていないと、やはり信用に関わります。プロなのに無資格だったら「この人、ホントに大丈夫?」と誰だって心配になるはずです。

そこで何かしらのペット資格は取っておきましょう。

現在のところ「キャットブリーダー資格」という名称の資格は存在しません。そのため自分の気に入った資格を選んで取得を目指してください。


 キャットケアスペシャリスト


猫のブリーダーに最も対応した資格として、キャットケアスペシャリストがあります。

これは一般社団法人日本ペット技能検定協会が主催しているペット資格の一つで、その名の通り「猫の専門家」を認定するための専門資格です。

キャットケアスペシャリスト資格を取得するには、以下の学習を行います。

・猫の基本的な品種
・猫の飼育管理
・猫の専門用語と歴史
・動物看護学と介護学
・猫のケアとお手入れ
・猫の美容学とグルーミング
・猫の繁殖と出産


猫のスペシャリストという名の通り、猫に関するあらゆる内容をマスターします。

上記の習得スキルを見ても分かる通り、この資格は猫のブリーダーを目指すのに最適です。猫のブリーダーに求められる知識や技能を全て内包しています。

それだけでなく美容学やグルーミングの方法も学ぶので、猫専門のトリマーも目指せます。ペットの高齢化に向けて動物看護士や動物介護士になりたい人にもうってつけです。

参考:キャットケアスペシャリスト資格検定の難易度や合格率


 愛玩動物飼養管理士


愛玩動物飼養管理士はペットの飼育方法や各種法令、動物愛護精神を持つ者に付与される資格です。

これは公益社団法人日本愛玩動物協会が認定する資格です。

日本愛玩動物協会は国内における動物愛護4団体の一つで、40年以上の歴史があります。そして内閣府が公認している団体でもあります。だから信頼性は極めて高いです。

愛玩動物飼養管理士は内閣府公認の公益法人認定の資格なのです。

さらにこの資格は動物取扱責任者の選任要件として、国や多くの自治体に認められています。

動物取扱責任者になる要件として「定められたペット資格を保有している」というものがあります。愛玩動物飼養管理士はこの「定められたペット資格」の一つとして認められています。

極めて価値のある資格でありながら、取得しやすいのも大きな魅力です。

取得にかかる費用も安く、有資格者は19万人に上ります。まさに国内最大級のペット資格です。

愛玩動物飼養管理士の詳細は、こちらの記事をご参照ください。

参考:愛玩動物飼養管理士になるには? 仕事内容と資格


 猫のブリーダーになる方法を学ぶ


猫のブリーダーについて学習する方法として、通信講座があります。

通信講座ではブリーダーの専門知識が学べて資格が取得できるだけでなく、独立開業のサポートを行っているところもあります。

ペットの専門学校は費用が高額な上に数も少ないです。

そのため通信講座で学習し、自宅で資格を取る人が多いです。猫のブリーダーになりたい人は、通信講座を利用した学習や資格取得も検討してみるといいですね。

以下におすすめのブリーダー通信講座を紹介します。

ブリーダーになりたい方やペットに興味のある方は、下記HPをご覧ください。講座の詳細は無料の資料請求でご確認いただけます。


 ヒューマンアカデミーのブリーダー講座


大手教育機関ヒューマンアカデミーでは、ブリーダーを養成するカリキュラムとして『ブリーダー講座』『ブリーダープロフェッショナル講座』があります。

これは一般社団法人日本ペット技能検定協会の認定講座となっています。

講座を修了すると同協会の『ペット繁殖指導員』資格が取得できます。

さらにヒューマンアカデミーには猫について専門的な学習ができる『キャットケアスペシャリスト講座』や『愛猫健康講座』もあります。

猫の品種から生態、健康、食餌、繁殖、成長、管理まで学べるので、猫のブリーダーを目指す人にはおすすめの学習内容となっています。

講座を修了すると『キャットケアスペシャリスト』『キャットシッター』の2資格が取得できます。就職や独立開業サポートもあるため、未経験からプロのブリーダーを目指せます。

動物取扱責任者の登録サポートも実施しています。

もちろんプロを目指す方だけでなく、一般の飼い主さんにも対応しています。猫の勉強をしてみたい方は、下記ヒューマンアカデミーの公式サイトで詳細をご確認ください。



 日本ケンネルカレッジのブリーダー講座


つくば国際ペット専門学校が直轄する日本ケンネルカレッジには、ブリーダー養成講座として『ペットブリーディング学科』があります。

日本ケンネルカレッジでは在宅で勉強するだけでなく、専門学校の設備を使って希望者に実技スクーリングも実施しています。そのためより実践的な学習を行うことができます。

他にも動物取扱責任者の登録サポートも行っています。

ペット業界のプロとして活動したい方におすすめの講座となっています。

日本ケンネルカレッジは他にも4コース&17種類のペット講座があります。ペットや動物に興味のある方は、下記HPを覗いてみてください。

電話での後追い営業は行っていないので、気軽に資料請求できます。


おすすめペット通信講座

◆ ヒューマンアカデミー ◆
数多くのペット・動物資格に対応
国内最大手の有名通信講座
▼▼ 詳細はこちら ▼▼




◆ 日本ケンネルカレッジ ◆
つくば国際ペット専門学校が運営
一般からプロ養成まで17講座を用意
▼▼ 詳細はこちら ▼▼




◆ 日本愛玩動物協会 ◆
内閣府公認の公益法人認定資格
動物取扱責任者の選任要件にも
▼▼ 詳細はこちら ▼▼

検索フォーム