猫の健康管理について勉強する方法

猫の健康管理について勉強する方法

と暮らす飼い主さんなら、愛する猫がいつまでも健康でいてほしいと願うものです。しかし猫も人間同様、病気をするし怪我もします。

猫は「熱っぽくてしんどいにゃ~」とか「頭が痛いにゃん」とは言えません。

そのため飼い主が気づかず、命に関わることがあります。

ペットの猫ちゃんが健康で長生きするためには、飼い主さんが愛猫の日常生活をしっかりと観察し、健康管理に気を配る必要があります。

そこで今回は猫の健康管理を勉強する方法について解説します。


 少ない猫専門の病院


一般社団法人ペットフード協会によると、2021年度調査における犬猫の飼育頭数は、

・犬:710万6,000頭 
・猫:894万6,000頭 


となっています。今や犬よりも猫の方が、たくさん飼われています。

しかし犬の病院と比べると、猫専門の病院は少ないです。例えば東京には1,000以上の動物病院がありますが、猫専門の病院は10院程度と言われています。

対象となる動物を限定した方がより適切な診察ができるのですが、猫だけを専門的に診てくれる動物病院は、意外と数が少ないのが現状です。

もしもの時に備えてどこにどのような動物病院があるのかを調べ、いい主治医を確保しておくことが大切ですね。


 気づいた時には手遅れかも?


猫は体調が悪くても、それを表に出すことはしません。

動物は自分が弱っているところを見せると、敵に狙われるからです。

だから猫も具合が悪いことを、飼い主に対しても隠そうとします。

そのため飼い主が愛猫の異変に気づいた時には、症状がかなり悪化していて手遅れになっていることがあります。

このような事態を避けるには、日頃から愛猫の生活を観察することが大切です。そして日々簡単な健康チェックを行い、様子がおかしいと感じたら早めに病院で診てもらってください。

早期発見・早期治療が、猫の健康管理の鉄則です。


 通信講座で猫の健康管理を学ぶ


通信講座で猫の健康管理を勉強

愛猫の健康を守るには、飼い主が猫についてよく知っておく必要があります。猫のことを知らなければ、愛猫の異変に気づくことはできません。

しかし本を1冊、2冊読んだだけでは、やはり物足りません。

愛猫の健康のためにしっかり勉強したいという方は、通信講座を受講してみましょう。

通信講座ならスクールに通うよりも安い費用で学習できるし、空き時間を使って自宅で愛猫と一緒に勉強ができます。講座を修了すると、資格が取れるのも嬉しいですね。

飼い主自身で病気やケガにある程度対処できれば、症状の悪化を防いだり、愛猫の命を救ったりすることだって十分に可能です。

飼い主が正しい知識を持つことは、愛猫の幸せにつながるのです。


 ヒューマンアカデミーの猫講座


近年のペットブームにより、動物・ペット関連の講座がたくさん登場しています。

しかし猫を専門的に学べる講座は、非常に少ないです。

そんな中、充実したカリキュラムを揃えているのが、ヒューマンアカデミーです。

テレビCMでもお馴染みの大手教育機関なので、ご存知ない人はいないと思います。35年以上の歴史を持ち、159万人以上の修了生がいる国内最大手の資格スクールです。

ヒューマンアカデミーにはペット講座だけでも、17種類があります。

そのうち猫について学べる講座は、以下の通りです。

・キャットケアスペシャリスト講座
・キャットケアスペシャリスト講座(愛猫健康講座付き)
・愛猫健康講座


キャットケアスペシャリスト講座を受講した場合、キャットケアスペシャリスト資格&キャットシッター資格の2つが同時に取得できます。

愛猫健康講座ではキャットフレンドリーパーソンの資格が取得できます。

ヒューマンアカデミーにはプロを養成する講座も用意されています。一般の飼い主さんだけでなく、ペット業界で働きたい人にも対応しています。

猫だけでなくペット全般に興味のある方は、下記ヒューマンアカデミーの公式サイトを覗いてみてください。講座の詳細は、無料の資料請求でもご確認頂けます。

ヒューマンの通信講座 『ペット』


おすすめペット通信講座

◆ ヒューマンアカデミー ◆
数多くのペット・動物資格に対応
国内最大手の有名通信講座
▼▼ 詳細はこちら ▼▼




◆ 日本ケンネルカレッジ ◆
つくば国際ペット専門学校が運営
一般からプロ養成まで17講座を用意
▼▼ 詳細はこちら ▼▼




◆ 日本愛玩動物協会 ◆
内閣府公認の公益法人認定資格
動物取扱責任者の選任要件にも
▼▼ 詳細はこちら ▼▼

検索フォーム