トリマーの資格を取るには? 取得方法や難易度、費用を調査

トリマー資格を取るには? 取得方法や難易度、費用を調査

今ではペット関連資格がたくさんありますが、トリマーは最も人気のある資格の一つです。

現在のところトリマーには統一された公的な資格はなく、複数の民間資格が存在します。資格の難易度や取得方法は、その種類によって異なります。

日本ペット技能検定協会のトリマー資格などは有名ですが、ここでの資格は以下の3つの級に分かれています。

・トリマー2級
・トリマー1級
・トリマー教師

他にもジャパンケネルクラブが認定する「JKC認定トリマー」や日本能力開発推進協会が認定する「トリマー ペットスタイリスト」も有名です。

トリマーになるには、まず2級資格の取得を目指しましょう。


 トリマー資格のレベル


 トリマー2級資格


トリマー2級資格はトリマー資格の中で最もベーシックなものです。この資格はペット美容師としてグルーミングサービスを提供できる専門家になります。

動物病院や動物飼育の現場でも、この技術は活かすことができます。


 トリマー1級資格


トリマー1級資格は、トリマー資格における上級資格になります。ペット美容師としてグルーミングサービスにおける指導的な役割を果たす専門家です。

トリマー養成機関における指導者になりうる資格です。


 トリマー教師資格


トリマー教師資格は、トリマー資格における最上級資格です。

トリマー教師資格の取得者は、ペット美容師としてグルーミングサービスにおける総責任者の役割を果たします。トリマー養成機関で後進を指導する他、教員も指導します。


 トリマー資格は民間資格


国家資格である人間の美容師と違い、トリマーは民間資格です。国家資格の場合は仕事をするにあたって取得が義務づけられていますが、トリマーは必ずしも資格を必要としません。

資格を持っていなくても、法律上は就職することが可能です。

ただ現実問題として、トリマーになるには資格が欠かせません。専門知識やスキルが必要な仕事のため、資格がないと雇ってもらえないのが現状です。

だからトリマーを目指す人の多くが、資格取得の勉強をしているのです。

トリマーの資格を持っていることで、一定の知識や技術があることの証明になります。資格があれば就職をする上でも仕事をする上でも有利です。

最近は通信講座でもトリマー資格取得の学習ができます。手っ取り早く資格を取りたい人には、効率的に学べる通信講座はおすすめです。


 トリマーの資格を取る方法


トリマーには統一された国家資格がなく、各団体が設けた民間資格があるだけです。そのため資格がなくてもトリマーになることはできます。

しかし民間資格でも持っていると、知識や技術の社会的証明になるし、お客さんにも安心してもらえます。就職や転職でも有利になります。

トリマーの資格を取る方法として、主に以下のようなものがあります。

・専門学校やスクールに通う
・通信講座や通信教育で勉強


専門学校は充実した設備環境の下、講師から直接指導を受けられます。知識だけでなく実技も学べるので、密度の高い学習が期待できます。

ただペットの専門学校は数が少なく、通える範囲にない人も多いです。

そういう方は通信講座で資格取得を目指します。通信講座といっても大手にもなればカリキュラムやサポート体制は充実し、しっかりとした学習が受けられます。

最近は通信講座でも希望者にスクーリング(実技研修)を提供しているところがあります。知識だけでなく実技の習得もできるため、実践的な技能を学びたい人にはありがたいですね。


 トリマー資格はどうすれば取得できる?


トリマー資格の取得方法と難易度

トリマーの資格取得方法は、各団体で異なります。主な方法としては、

・資格試験を受けて合格する
・決まった単位を取得する
・講座修了時に付与される


大学や専門学校の場合は決まった単位を取得することで、卒業時にトリマー資格が与えられます。

通信講座では講座修了後に検定試験を受けて資格を取る場合と、講座を修了すると自動的に資格がもらえるところがあります。

トリマーの資格は幾つもあるので、どの資格を取るかも決めましょう。


 通信講座でトリマー資格を取る


通常、どの通信講座も資格を取るための知識・技術を学ぶカリキュラムが用意されています。だから通信講座で勉強すれば、資格を取ることができます。

きちんと勉強すれば、講座修了時に誰でも資格が取れる仕組みになっています。効率的に資格取得を目指すなら、通信講座がおすすめです。

資格を取る流れとしては、講座によって以下の2種類があります。

1、通信講座で学習し、改めて資格試験を受験
2、通信講座で勉強すれば、修了時に自動的に資格が付与


通信講座に申し込む際に、どんな資格が取得できるのか、どういった流れで資格が取得できるのか(上記の1か2か)、も確認しましょう。


 トリマー資格取得にかかる費用


・専門学校:200万~300万円(学習期間2年)
・通信講座:10万~30万円(学習期間4~12ヶ月)

専門学校に通う場合は学習期間が2年で、200万円~300万円の費用がかかります。1年間で100万円という金額を目安にするといいでしょう。

時間的にも金額的にも大変ですが、本格的な学習ができます。

通信講座の場合は4~6ヶ月程度、費用は10万~30万円になっています。ベーシックな講座が10万円前後で、上級講座になると20万円以上になります。

トリマーの講座を受講するにはトリミングの道具が必要になりますが、既に持っている人は「道具なし」の講座を選択することで受講費用を抑えることができます。

道具を持っていない人は「道具付き」の講座を選択すれば、自分でトリミングセットを買い揃える必要はありません。お店に買いに行く時間と手間が省けます。

単純に資格を取得するだけなら、通信講座の方が有利と言えます。


 トリマー資格取得の難易度


トリマー資格の難易度は、資格の種類によって異なります。トリマー資格は様々な団体が主催しているため、その種類によって難易度が異なるわけです。

ただどの資格も民間資格ということで、国家資格ほどの難易度はありません。


 専門学校の場合


資格認定のために実技が行われることが多いです。トリミングの技術や爪のお手入れなど美容のスキルはもちろん、ペットの押さえ方や道具の扱い方が審査されます。

といっても授業の内容をきちんと習得していれば、合格は難しくありません。

専門学校側も年間100万円単位の高い授業料を取っているので、生徒を卒業させる必要があります。日々の学習をしっかり行っていれば十分に合格できます。


 通信講座の場合


カリキュラムの中で数度に渡って課題の提出が求められます。それぞれの課題で一定の水準をクリアすれば講座は修了となり、資格が付与されます。

こちらもカリキュラムをきちんと習得すれば、合格は難しくありません。

通信講座では実際のペットではなく、ぬいぐるみを使って実技審査を行うところもあります。知識だけでなく技能も審査されることも把握しておきましょう。


 トリマー資格が取得できる通信講座


講座を受講する際は、どの講座がどの資格に対応しているかを確認しましょう。取得したい資格があるなら、それに対応した講座を選んでください。

以下におすすめのトリマー通信講座を紹介します。

どちらも大手の有名スクールなので、カリキュラムやサポートの質には定評があります。詳細は各公式サイトや無料の資料請求でご確認ください。


 ヒューマンアカデミー


・200種類の講座を用意し、数多くの資格に対応する大手資格スクール
『トリミング講座』『トリミングプロフェッショナル講座』が対応
・一般社団法人日本ペット技能検定協会の認定講座になっている
トリマー2級は合格サポートあり。プロ講座は1級資格が取得可能
・受講期間の無料延長や実技研修、就職支援などサポート体制も充実



 日本ケンネルカレッジ


・つくば国際ペット専門学校が運営する通信講座
『ドッグトリマー基礎講座』『ドッグトリマー養成専門講座』『ペット美容学科』がある
・一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会の認定を受けている
・ドッグトリマー資格が取得できる(ペット美容学科は動物看護士資格も付く)
専門学校と同じテキスト、講師の授業を自宅で受けられるのが魅力


おすすめペット通信講座

◆ ヒューマンアカデミー ◆
数多くのペット・動物資格に対応
国内最大手の有名通信講座
▼▼ 詳細はこちら ▼▼




◆ 日本ケンネルカレッジ ◆
つくば国際ペット専門学校が運営
一般からプロ養成まで17講座を用意
▼▼ 詳細はこちら ▼▼




◆ 日本愛玩動物協会 ◆
内閣府公認の公益法人認定資格
動物取扱責任者の選任要件にも
▼▼ 詳細はこちら ▼▼

検索フォーム