動物介護士になりたい! 犬や猫に関わるペットのお仕事

動物介護士になりたい! 犬や猫に関わるペットのお仕事

動物介護士とは年老いたり病気になったりしたペットの介護を行う専門資格です。ペットシッターの延長線にあって、介護業務をメインとする資格が動物介護士です。

動物介護士はペット介護士とも言います。

動物介護士になるには、ペットの老化現象や病気、食生活、健康管理まで幅広い知識が必要です。ペットには犬や猫が多いことから、これらの動物に精通している必要があります。

近年はペットの高齢化が進み、動物介護の知識を持った人材が求められています。動物介護士に対する期待とニーズは、年々高まりを見せています。

動物介護士になりたい人は、犬猫の専門的な学習をしましょう。


 動物介護士になるには


養成スクールや通信講座で学習
     ↓
動物介護士の資格を取得する
     ↓
動物介護施設などに就職or独立開業

動物介護士になるにはスクールで勉強し、認定試験を受けて資格を取得します。

現在のところ「動物介護」を専門的に学習できる専門学校は、ほとんどありません。だから動物看護系の学校で学習するケースが多いです。この場合、年間100万円単位の費用がかかります。

一方、通信講座の場合は10万円以下で学習することが可能です。学習期間は4~6ヶ月程度で、講座修了後に動物介護士の資格が授与されます。

通信講座の場合は検定試験を受ける必要がありません。在宅で動物介護士の資格を取得できます。

資格取得後、動物介護士としてペット業界に就職します。

ペットの高齢化が問題となっている昨今、動物介護士の需要は高まっています。動物介護士はペット介護施設のみならず、ペットショップや動物病院などペット業界全般で広く求められています。

動物介護士は介護だけでなく、しつけやトリミング(美容や手入れ)の技術も身につける必要があります。その知識と技能は様々な場面で役立ちます。

知識やスキルを活かして、個人で独立開業するという道もあります。


 動物介護士の就職状況


現在、人間だけでなくペットの高齢化も問題になっています。

日本で飼育されている犬猫の7割が老齢にあると言われ、ペットの介護が大きな課題となっています。ペット介護を行う専門資格として、動物介護士のニーズは高まりつつあるわけです。

「動物介護士になりたい!」

という人にとってはチャンスです。

就職先としては動物病院やペットショップ、動物園、ペットグッズの販売店、ペットフードを扱う企業など、ペット業界全般で活躍できます。

動物介護の専門家として、ぜひペット業界で活躍してください。

また自宅でペットを飼っている飼い主さんは、愛するペットのために動物介護士の資格を取ってあげると素敵ですね。動物介護の知識があると、ペットを健康で長生きさせることができます。

◆ 動物介護士の就職先
・動物介護施設   ・動物病院
・ペットショップ  ・ペットサロン
・ペットホテル   ・犬のしつけ教室
・ペットシッター  ・ブリーダー


 動物介護士の資格


国家資格である人間の介護士と違い、動物介護士の資格は民間資格です。

そのため動物介護士になるのに、必ずしも資格は必要ありません。ただ実際に働くとなると、資格がないと就職は難しいです。

動物介護士はペットの命の関わる重要な仕事です。プロとして活動するなら資格は取得しておいた方が望ましいでしょう。

動物介護士の資格は様々な民間団体が主催しています。幾つかの種類があるのでどれを取得すればいいか迷うことがあります。主な資格としては以下のようなものがあります。

・動物介護士(一般社団法人 日本ペット技能検定協会)
・老犬介護士(一般社団法人 日本キャリア教育技能検定協会)
・シニアドッグヘルパー(一般社団法人 日本キャリア教育技能検定協会)
・ペット介護士(がくぶん+世界の名犬牧場)


どの資格が勝っていて劣っているということはありません。

日本ペット技能検定協会や日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)はメジャーなようです。どれがいいか迷った人は、この2つのどちらかを選ぶといいでしょう。

動物介護士の資格はペットを飼う上で必要な知識や技術、心得も学べます。ペット業界で働きたい人だけでなく、自分のペットのために資格を取得する人も多いです。

取得難易度はさほど高くなく、通信講座を受講して修了すると資格がもらえることが一般的です。講座内で添削課題があり、これが検定試験の役割を果たしています。

在宅で学習~資格取得まで完結できることから、忙しい人も取得しやすいです。

ただ動物看護士や動物介護士は、国家資格にしようという動きがあります。今後難易度は上がるかもしれません。既に動物看護士や動物取扱責任者は難易度が上がっています。

動物介護士の資格を狙っている人は、早めの取得を検討してください。


 動物介護士の通信講座


動物介護士になる方法

動物介護士の資格を取る場合、通信講座で勉強する方法があります。

通信講座なら自宅で学習ができて資格が取得できます。仕事や家事や学業で忙しい人でもマイペースにカリキュラムを進められます。

大手の通信講座なら希望者に実技研修や、就職・独立開業サポートを行っているところがあります。ペット業界で働きたい人は積極的に活用してください。

もちろん自宅でペットを飼う飼い主さんにもおすすめです。

動物介護の知識や技能は、ペットに関わる人なら習得しておいて損はありません。興味のある人は通信講座で学習してみるといいですね。


 ヒューマンアカデミーの動物介護士講座


大手教育機関のヒューマンアカデミーには17種類のペット講座が用意されています。

その中に動物介護士を養成する『動物看護介護講座』があります。

ペットの健康管理や動物介護、犬の老化に関する知識、食餌や排泄の介助の他、しつけやトレーニング法まで幅広い知識を学習します。

講座は一般社団法人日本ペット技能検定協会の認定を受けています。

カリキュラムを修了すると、『動物介護士』『動物健康管理士』『ドッグシッター』の3資格が取得できます。

希望者は実技講習を受けることができ、就職や転職、独立開業支援も行っています。動物取扱業の登録サポートまで行っているため、ペット業界で働きたい人にうってつけです。

大手の実績あるスクールで、国際規格にも合格しているので安心感があります。

カリキュラムの質やサポート力に定評がある講座です。



 日本ケンネルカレッジの動物介護士講座


日本ケンネルカレッジはつくば国際ペット専門学校が直轄する通信講座です。動物介護士を養成する講座に『老犬介護士養成専門講座』『ペット看護介護学科』があります。

これらはペット業界のプロを目指す人に対応した講座です。

講座は一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会の認定を受けています。

老犬介護士講座を修了すると、『老犬介護士』資格が取得できます。ペット看護介護学科では『老犬介護士』『動物看護士』の2資格が取得できます。

さらに実技研修を受ければ、インストラクター資格がもらえます。

他にも飼い主さん向けに『シニアドッグヘルパー講座』や『ドッグヘルパー講座』もあります。

日本ケンネルカレッジは資格が取れるだけでなく、就職や独立開業支援、動物取扱業の登録サポートまで幅広く行っています。ペット専門の通信講座として、高い人気を誇っています。


おすすめペット通信講座

◆ ヒューマンアカデミー ◆
数多くのペット・動物資格に対応
国内最大手の有名通信講座
▼▼ 詳細はこちら ▼▼




◆ 日本ケンネルカレッジ ◆
つくば国際ペット専門学校が運営
一般からプロ養成まで17講座を用意
▼▼ 詳細はこちら ▼▼




◆ 日本愛玩動物協会 ◆
内閣府公認の公益法人認定資格
動物取扱責任者の選任要件にも
▼▼ 詳細はこちら ▼▼

検索フォーム